キレイモで全身脱毛の施術を受けました

むだ毛が気になって手足の露出を避けていた

全身脱毛

私は自分が毛深いことに気付いたのは、中学生になった頃でした。
小学生までは毛深いとは考えたこともなく、そもそもむだ毛を気にしたこともありませんでした。
しかし中学校へ入学すると、同級生の中にも大人っぽい女子が多くなり、おしゃれに関心の高い人たちが多くなっていました。
正直なところ私はそれほどおしゃれに興味がありませんでしたが、仲の良い友人までもがおしゃれをするようになると、周りから浮いてしまいたくないという気持ちから、私もおしゃれをするようになりました。
自分なりに必死でおしゃれをしていたつもりでしたが、ある日友人から言われた言葉に、私は深く傷付いてしまいました。
それは、毛深いという言葉でした。
友人は軽い気持ちで放った言葉かもしれませんが、私にとっては大げさではなくまるでナイフで切り付けられたような気持ちがしました。
あまりにもショックを受けてしまい、すぐには反応することができませんでしたが、傷付いたということを知られたくなかった私は何事もないように振る舞いましたが、内心は泣き出してしまいそうなほどショックでした。
それからは自分のむだ毛ばかりが気になってしまい、なるべく脚や腕を露出しないようにしていました。
体育の時間には半袖や短パンの体操服を着たくなかったため、先生には言い訳をしてジャージを着用していました。
また、半袖の夏服になると、暑いのに上からカーディガンを羽織っていました。
さらに、ドラッグストアで脱毛クリームを購入して、自分でむだ毛の処理を行っていました。
クリームだけではなく、剃刀を使用することもありましたが、自己流のケアでは限界があり、自分が望むようなつるつるとした肌を手に入れることはできませんでした。

むだ毛が気になって手足の露出を避けていた | 親切丁寧な対応で入会を決意 | 痛みが少ないスピード脱毛、予約も取りやすい